改善策

そもそも、せどりとは2種類あると言われています。

【背取】とは文字の通り本の背表紙を見て、仕入れ販売を行う人。ネットオークションで販売されている方々ですね。気軽に始められる反面、誰でもが始められますので新規参入も多く在庫を多くしなければ得られる収入も限界があり自然に淘汰されていきます。

【競取】とは、同業者の中間に立ち、注文品などを訪ね出し、売買の口銭をとること。また、その人(広辞苑より引用)古くからあった商売のようです。誰かが欲しがっている商品を聞いておいて探し出し販売することによって利益を得る方法です。

一度の転売で多くの利益を出さなければなりませんので商品知識、直感、相場、経験、人脈が必要とされ一般の方が踏み入れるには少々敷居が高いのです。

そこで「あまぞん.biz」は背取ではなく、「完全在宅で競取」を提案します。

「敷居の高い商売って言ったのに」「在宅でどうやって商品を探すんだ」「それが出来ないから背取をやっているんだ」と不満が聞こえてきそうですが、今までご説明してきたように誰でもが出来る105円の書籍を買って高く売るというのを辞めるんです。

「なんだ結局辞めるのか」と更に不満が聞こえてきそうですが、誰でもが簡単に参入してこない商品を買って転売することにより利益をあげましょうということです。

そもそも何故、背取では駄目なのでしょうか?オークションへの出品、落札があれば、落札者との連絡、入金確認、梱包して発送、発送の連絡、オークション評価。

少しでも安いものを探している落札者は一番安い商品を探します。安値で落札されれば、これだけやって数百円の利益ではモチベーションが保てません。時間の制約もあれば尚更です。

そこで商品の仕入れ方法を変更します。

今まで105円の商品を仕入れ販売を行ってきた方なら分かるとおり、その商品そのものに価値がある訳ではありません。商品の価値ではなく、安いから落札されるんです。そのため定価以上で落札されることも殆ど期待できません。

「あまぞん.biz」では高値で転売が期待できる商品のリストを無料で提供します。

高値で転売が期待できると言っても絶対に転売ができることを保証するものではありません。
どのようにすれば転売が期待できる商品を見つけることが出来るのか?
次のページでご説明します。

次の完全在宅 電脳せどりのご案内へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。