せどり

皆さんは「せどり」という言葉を見たり聞いたりしたことはありますか?古本屋で価値ある書籍を見つけ、買値より高く売ることで利益を得る事です。

電脳せどり 従来のせどり最近はインターネットの普及に伴い販売の場所がインターネットオークションに変わり、一般のサラリーマンや主婦が気軽に始められるお小遣い稼ぎとして知られています。

「副業-せどり」「インターネットで簡単-古本屋さん開業」のうたい文句で書籍が発売され、販売方法の流れやヒントを紹介している書籍も巷にはたくさんあります。

しかし、価値ある書籍を見つけ販売していた「競取(せどり)」という行為とは異なり、その大半の方法は「ブックオフで105円の書籍を買ってきてオークションに出品する」といった内容になっています。

確かに数をこなせばある程度の利益を得ることは可能です。ただこの方法では長く続けることは難しく挫折された方もいると思います。(挫折された方、挫折しそうな方向けにこのサイトを作ろうと思った次第です。)

何はともあれ古書店で105円の書籍を買ってきて販売する流れを見てみましょう。

まずは仕入れです。買わなければ販売することが出来ません。
105円の棚にはたくさんの書籍が並べられています。その中から高く売れる本を探します。

現在は携帯電話を使った検索もありますのでそれを利用し(今回は目的がここにはないので割愛します)高く売れそうな書籍を片っ端から検索し、かごの中に入れていきます。

レジをすませ自宅に戻ったら早速アマゾンやヤフオクに出品です。この時値札がついていれば剥がし、念のためマーカーが引かれていたり、破れ、ページの欠落などがないか書籍の中身を確認しておきます。

落札されたら落札者との連絡、入金の確認、商品の梱包、発送と、大体の流れはこのようになります。

105円の書籍はどの程度の金額で売れるでしょうか?
あくまでも経験上ですが定価2,500円前後の本が1,000円前後で多く落札されます。

これを数多くこなし月々のお小遣いを稼ぎましょう、というのが現在もっとも多く紹介されているせどりです。

次の問題点へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。